第一章 総則

第1条(定義)

(1)「当社」とは、株式会社からだの痛み研究所をいいます。

(2)「パートナー」とは、会社と契約しT-REX施設(以下、「本施設」といいます)を運営する法人または個人をいいます。

第2条(運営管理会社)本施設の運営管理は、株式会社からだの痛み研究所(以下「当社」といいます)が行います。

第3条(目的)本施設は、フィットネスやリラクゼーションを通じて、会員の健康を維持・増進することを目的とします。

第二章 会員

第4条(会員)

(1)本施設は女性専用の会員制とします。

(2)当社及びパートナーが利用を承認した方を会員といいます。

第5条(入会資格)本施設の会員は、次の各号のすべてに適合する方に限ります。

(1)女性であること

(2)本施設の趣旨に賛同し施設利用規約、その他の規則を守れる方

(3)健康状態に異常がなく、医師から運動を禁止されていない方

(4)成年被後見人及び被保佐人でない方

(5)心臓病、高血圧症、皮膚病、伝染病、精神病及びこれに類する疾患のない方

(6)過度な刺青をされていない方。但し、部分的なファッションタトゥー等、店内において他の方の目に触れないよう衣服等で覆い隠すことができれば、この限りではありません。

(7)妊娠されていない方

(8)20歳未満の場合、入会に際し保護者の方の同意を得た方

(9)同業者でない方

(10)外国の方の旅行中の利用でない方で、且つ、日本国内の居住で、継続利用が可能な方

(11)1. 会員は、本施設に対し、現在のみならず将来にわたって、自らが以下の各号に定める暴力団等の反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます。)に該当しないことを保証します。

1. 暴力団

2. 暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む)

3. 暴力団準構成員

4. 暴力団関係企業の役員、従業員または株主もしくは実質的支配者等の関係者

5. その他前各号に準ずるもの

2. 会員は、本施設に対し、反社会的勢力等に対して、直接または間接を問わず、かつ名目の如何を問わず、資金提供を行わないこと、および今後も行う予定がないことを保証します。

3. 会員は、本施設に対し、反社会的勢力との間で、直接または間接を問わず、社会的に非難されるべき関係のないことを保証します。

4. 会員は、本施設に対し、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれの行為も行わないことを保証します。

1. 暴力的な要求行為

2. 法的な責任を越えた不当な要求行為

3. 取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

4. 風説を流布し、偽計または威力を用いて本施設の信用を毀損し、または本施設の業務を妨害する行為

5. その他前各号に準ずる行為

第6条(入会契約の締結及び手続き)本施設の会員となることを希望される方は、申込手続きをおこない、当社及びパートナーが定める入会金を納入していただきます。

1. 本施設に入会しようとするときは、所定の申込方法により入会申込を行い、本施設による審査を受けたうえ、本施設が承諾したときに、本施設との契約が成立し、本施設の会員となります。なお、利用開始日は別に定めます。

2. 前項に定める入会申込を行った場合であっても、本施設が行う審査の結果、入会が認められない場合があります。審査方法、審査過程、および審査の内容は開示されません。

3. 会員は、入会後、本施設から身分証明書等、本人確認情報の提示を求められたときは、速やかに応じるものとする。本施設は、会員がその求めに応じない場合、当該会員の施設の利用を禁止することができる。

4. 未成年の方が入会しようとするときは、本施設が特に認めた場合を除き、親権者の同意を得た上で、所定の申込方法によりお申し込みいただきます。この場合、親権者は、自らが会員か否かに関わらず、本会則に基づく会員としての責任を本人と連帯して負うものとする。

5. 未成年について定めた前項の規定は、成年被後見人、被保佐人、被補助人に準用します

第7条(届出内容変更手続)

1. 会員は、入会申込書に記載した内容その他本施設に届け出た内容が正確であることを保証します。本施設は、当該情報が不正確であることによって会員または第三者に生じる損害について一切責任を負いません。

2. 会員は、入会申込書に記載した内容その他本施設に届け出た内容に変更があったときは、速やかに変更手続を行うものとする。

本施設より会員に通知する場合は、会員から届出されている連絡先に宛てた通知の発送をもって通知したものとする。なお、会員が前項の届出を怠るなど会員の責めに帰すべき事由により本施設からの通知が延着しまたは届かなかった場合には、通常到達すべきときに本施設からの通知が会員に到達したものとする。

第8条(入会金)入会金は当社及びパートナーが別途定める金額とし、入会時に領収します。領収した入会金は理由の如何に関わらず返還いたしません。

第9条(会員証)

(1)当社及びパートナーは会員に資格を証するための会員証を交付する場合があります。

(2)会員証は第三者に貸与・譲渡できません。

(3)会員は第16条により会員資格を喪失した場合、速やかに会員証を当社及びパートナーに返還していただきます。

(4)本カードを紛失された場合は、再発行手数料として500円(税別)を支払うものとする。

第10条(利用資格)次の各号に該当する方は本施設をご利用できません。

(1)妊娠している方

(2)酒気を帯びている(二日酔い含む)方

(3)刃物など危険物をお持ちの方

(4)体調の優れない方

(5)当施設の規則及び、スタッフの指示に従わない方

(6)傷病を有している場合、または既往歴がある場合は自己責任のもとでご利用できる方

(7)その他第5条の各号を満たすことができない方

第11条(施設の利用制限・禁止、契約解約)

1. 本施設は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合、その会員に対して本施設の利用を制限または禁止し、あるいは直ちに契約を解約することができる。ただし、会員は本施設から本施設の利用を制限または禁止された場合であっても、第7条第1項に定める諸費用を支払います。

1. 第3条に定める入会資格を充足しないことが判明したとき。

2. 本会則その他本施設の定める諸規則に違反したとき。

3. 支払方法の設定が確認できないとき(会員が支払方法を設定した後に、会員の責めにより、その支払方法または手段が利用できなくなったときも同様とします。)。

4. 諸費用の支払いを怠ったとき。

5. 破産または民事再生の申立があったとき。または任意整理の申出があったとき。

6. 第4条に定める利用開始日以降、一度も利用がない期間が1年以上継続した場合。

7. 筋肉の痙攣や、意識の喪失などの症状を招く疾病を有することが判明した場合。

8. 集団感染するおそれのある疾病を有することが判明したとき。

9. 医師から運動、入浴等を禁じられていることが判明したとき。

10. 妊娠していることが判明したとき。

11. 法令に違反したとき。

12. その他、本施設が会員としてふさわしくないと認めたとき。

2. 前項に基づき本施設が本会則に基づく契約を解約したことによって会員に損害が生じた場合であっても、本施設はその損害を賠償する責めを負わないものとする。

第12条(利用料)

(1)会員は施設を利用する場合、当社及びパートナーが定める利用料を支払うものとする。

(2)利用料の支払いは原則クレジット決済のみとする。原則、ご本人様名義のクレジットカードで支払うものとし、ご本人様名義のクレジットカードお持ちでない場合のみ、ご家族名義のカードでの支払いを可能なものとする。クレジットカードをお持ちでない場合のみ、銀行の口座振替での支払いを可能なものとする。

第13条(利用料の返金)

納入済みの利用料については、理由の如何に関わらず返還いたしません。

第14条(施設利用)

当社及びパートナーは施設利用の円滑化を図るため、本施設利用は予約制とします。予約時間、予約方法などに関しては別途定めます。

第15条(会員資格及び譲渡・名義変更)

会員の資格及び各種チケットは、他に貸与・譲渡及び名義変更はできません。また、担保、差入等の処分もできません。

第16条(禁止行為)

(1)館内を撮影、または録音すること

(2)本施設において物品の売買やパーソナルトレーニング等の営業行為や勧誘をすること

(3)営利・非営利を問わず宗教、政治及び各種団体の勧誘行為を行うこと

(4)他の会員や施設スタッフを誹謗・中傷する行為(SNS及びインターネット等の書き込み行為を含む)

(5)他人に対する暴力や施設設備への落書きなど、公共のマナー・道徳に反する行為

(6)ペット・動物を持ち込むこと

(7)館内での飲酒、喫煙

(8)当社及び施設スタッフの業務を妨げる行為

(9)他の会員や施設スタッフへのストーカー行為

(10)他の会員の施設利用を妨げる行為

(11)本施設の施設・器具・備品の損壊や備え付け備品の持ち出し

(12)ロッカー、シャワールーム、化粧台などを不当に長時間占有する行為

(13)痴漢、のぞき、露出、唾を吐く等、法令や公序良俗に反する行為

(14)刃物など危険物の館内への持ち込み

(15)館内における物品販売や営業行為、金銭の貸借、勧誘行為、政治活動、署名活動

(16)高額な金銭、物の館内への持ち込み

(17)本施設の施設内の秩序を乱す行為

(18)その他、本施設が会員としてふさわしくないと認める行為。

(19)動物の施設内への持ち込み

第17条(除名)

会員が次の号のいずれかに該当する場合、当社及びパートナーは会員を除名できる。

(1)入会にあたり提出する書類の記入内容及び電子データの入力内容に虚偽の申告をしたとき

(2)本規約・規則・その他当社及びパートナーの定めた事項に反する行為があったとき

(3)本施設の名誉、信用を傷つける行為、他の会員との協調性を欠き運営の秩序を乱したとき

(4)第15条に定める禁止行為があった場合

(5)入会後に同業者の方と判明したとき

(6)その他、会員としての品位を損なうと認められた行為があったとき

上記の理由により除名されたとき、会員は損害賠償の請求をおこなうことができません。 

第18条(トライアル)

当社及びパートナーは入会前のトライアルとして、会員以外の方(以下「トライアル会員」という)に施設を利用させることができる。トライアルの利用料などについては別途定めます。

第三章 運営・管理

第19条(運営管理)

本施設は次の各号に基づき、運営管理をおこないます。

(1)本施設の運営管理は当社及びパートナーの責任においておこなわれます。

(2)会員は本施設の運営管理について希望や意見を述べることはできるが、強く要求または、関与することはできません。

(3)当社及びパートナーは施設の利用など、運営管理に関する規則を定め、且つこれを変更することができる。 

(4)プログラムスケジュールにて告知された各プログラムの実施インストラクターは参考情報に過ぎず、その実施を保証するものではない。そのため、会員への告知なしに本施設の都合により変更できる事とする。

第20条(諸規則の遵守義務)

会員及びトライアル会員は本施設の利用に際し、所定の手続きをおこなうとともに、本規約、細則ならびにその他、当社及びパートナーが定める運営管理に関する規則に従うものとする。 

第21条(休業日)

各施設の定める日、年末年始、夏季休業、設備等の点検・メンテナンスや改装、ならびに当社及びパートナーが定める日を休業日とします。

第22条(施設の休業および閉鎖)

1. 本施設は、施設毎に定期休業日を設定することができる。

2. 本施設は、次の各号のいずれかにより、営業することが困難または営業すべきでないと判断するときは、本施設の全部または一部を臨時休業又は閉鎖することができる。

1. 天災地変、気象災害、地震またはその他不可抗力等があったときまたはその恐れがあるとき。

2. 施設の改造、増改築、修繕、整備または点検を要するとき。

3. 判決の言渡し、法令の制定改廃または行政庁による処分(不利益処分を含みます。)、行政指導もしくは命令等があったとき。

4. 社会情勢の著しい変化があったときまたはその恐れがあるとき。

5. その他、本施設が営業することが困難または営業すべきでない事情が生じたときまたはその恐れがあるとき。

3. 前二項の場合、法令の定めまたは本施設が認める場合を除き、会員が負担する諸費用の支払義務が軽減され、または免除されることはありません。

4. 本施設は、臨時休業および閉鎖が予定されている場合は、事情の許す限り、原則として一ヶ月前までに会員に対しその旨を告知または通知します。

第23条(営業時間)

本施設の定める営業時間とします。

第24条(当社及びパートナーの免責)

(1) 会員及びトライアル会員は本施設内において、自己及び自己の所有物を自らの責任において管理するものとし、当社及びパートナーは施設内で発生した盗難について当社及びパートナーは一切の賠償責任を負わない。

(2) 会員及びトライアル会員は本施設内において、自己及び自己の所有物を自らの責任において管理するものとし、当社及びパートナーは施設内で発生した障害その他の事故について当社及びパートナーに重大な過失がある場合を除き、一切の賠償責任を負わない。

第25条(持込物に関する責任)

1. 本施設は、会員が施設に持ち込んだ物を預かりません。会員は、持込物について自己の責任をもって管理するものとする。

2. 本施設は、故意または過失がない限り、会員が施設に持ち込んだ物の滅失または毀損について賠償する責任を負いません。

3. 本施設は、会員が施設に放置した物に関する一切の権利を放棄したものと見なします。ただし、次の各号に定めるものを除きます。

1. 現金及び有価証券

2. その価額又はその合計額が一万円以上であると明らかに認められる物

3. 建物又は自動車の錠を開くことに用いられる鍵、カードキーその他これらに類するもの

4. 携帯電話用装置

5. 運転免許証、健康保険の被保険証、在留カードその他法律又はこれに基づく命令の規定により交付された書類であって、個人の身分若しくは地位又は個人の一身に専属する権利を証するもの

6. 預貯金通帳若しくは預貯金の引出用のカード又はクレジットカード

7. 動物

8. テニスラケット、ゴルフクラブその他これらに類似する器具

9. 当該物又はその付属物に記載又は付加した情報により、その所有者又は占有者が識別できる物

第26条(忘れ物・拾得物)

本施設の利用に際して生じた忘れ物については、原則として、連絡がなかった場合、当社で定める1ヶ月間保管経過後に一切の権利を放棄したものとし、本施設にて処分することに意義を述べないものとする。

但し、衣類や飲料品等については、カビ・腐敗等安全衛生上の問題を生じるおそれがある場合、本施設は、期間の経過前であっても処分を行うことができるものとする。

第27条(損害賠償責任免責)

(1)会員が本施設の利用中、会員自身が受けた損害に対して、当社は、当社に故意または過失がある場合を除き、当該損害に対する責を負いません。

(2)会員同士の間に生じた係争やトラブルに対して、当社は、一切関与しないものとし、会員は当社にトラブルの解決を求めることはできないものとする。

第28条(会員の損害賠償責任)

会員及びトライアル会員は本施設の利用中、会員の責に帰すべき事由により当社及びパートナー、他の会員、第三者に損害を与えたときは、その会員が当該損害に関する責任を負うものとする。

第29条(諸料金の変更)

当社及びパートナーは、入会金・会費・利用料等を、社会・経済情勢の変動を勘案して随時改定することができる。

第30条(事故の責任)

会員は、本施設内の活動に際しては、本施設の諸規定及び施設管理責任者並びに指導者の指示に従い、自己の責任において行動するものとする。これに違反して盗難、傷害等の事故が起こっても、本施設及び指導者等に対して一切の損害賠償を請求できないものとする。

第四章 その他

第31条(本施設の閉鎖又は利用制限)

当社及びパートナーは次の各号により本施設の営業が不可能又は困難な場合、本施設の全部又は一部を閉鎖、若しくは施設の利用を制限することができる。同時にすべての会員との契約を解除することができる。この場合、会員はその他名目の如何を問わず、損害賠償責任などの異議申し立てをすることができません。

(1)法令の制定・改廃されたとき、又は行政指導を受けたとき

(2)天災・地変その他不可抗力の事態が発生したとき

(3)著しい社会・経済情勢の変化があるとき

(4)法令に基づく点検、改善及び必要な施設改修などがあるとき

(5)当社及びパートナーが必要と認めたとき、その他やむをえない事由があるとき

第32条(規約の改正)

本施設は次の各号に基づき、規約の改正をおこないます。

(1)当社及びパートナーは必要に応じて本規約及び細則等を改正することができる。会員は本規約の改正がすべての会員にその効力を及ぼすことをあらかじめ承認するものとする。

(2)当社及びパートナーは前項により規約などを改正するとき、重要な案件については会員に通知するものとし、軽微な案件については各施設に提示するものとする。

第33条(細則等)

本規約に定めない事項ならびに運営上必要な事項については別途細則その他の規則に定めます。 

第34条(紛争等)

本契約に定める事項について疑義が生じた場合、その他本契約に関して紛争が生じた場合には、当社またはパートナー・会員で協議の上解決するものとする。

(1)本契約に定めのない事項については、民法その他の法令によるものとする。

(2)本契約に関する一切の紛争は、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第35条(退会)

会員は、自己都合により退会するときは、所定の手続きを自ら実施する必要がある。当月の末日(以下「退会日」といいます。)をもって退会できるものとする。なお、会員は本施設に対し退会日までの諸費用を支払う義務を負います。